ニュースキンの報酬プラン「ベロシティ」かなり厳しいってウワサ?

ニュー報酬プラン ベロシティ

ネットワークビジネス ネット集客

ニュースキン(NUSKIN)というネットワークビジネス(MLM)の会社があります。

美容機器や化粧品、サプリメントなどを製造、販売しており、ネットワークビジネス(MLM)国内売上ランキングでは常に上位にランクインしているトップ企業の一つです。

芸能人やスポーツ選手に愛用者がいることから、名前を聞いたことのある人も多くいるかもしれません。

ニュースキン(NUSKIN)のネットワークビジネス(MLM)で成功を収めると普通の会社員とは比べものにならないほどの報酬が得られるとの話を耳にします!

もしかしたら自分もそうなれるかも!

そのように思われる方もいらっしゃるかもしれませんが果たしてそうなのでしょうか。

先日、ネットワークビジネス(MLM)のプロの方から「ニュースキン(NUSKIN)の報酬プランは業界で最も厳しいプランの一つ」とのお話を聞くことが出来ました。

ニュースキン(NUSKIN)のネットワークビジネス(MLM)とはどんなものなのか?記事にしてみました。

ネットワークビジネス ネット集客

ニュースキン(NUSKIN)の会社概要

ネットワークビジネス ニュースキン
社名ニュースキンジャパン株式会社
Nu Skin Japan Co., Ltd.
本社所在地東京都港区虎ノ門1-3-1 東京虎ノ門グローバルスクエア14階
Tel : 03-6626-1234(代)
開業年月日1993年4月23日
代表取締役社長小林 和則
資本金2億円
事業内容パーソナルケア製品、栄養補助食品および生活関連製品の
製造・輸入・卸売販売と、インターネット関連サービスの提供
所属団体公益社団法人 日本訪問販売協会
日本化粧品工業連合会
訪販化粧品工業協会
日本輸入化粧品協会
公益社団法人 日本広告審査機構
在日米国商工会議所 ほか

ニュースキン(NUSKIN)の日本法人ニュースキンジャパンは1993年に東京都港区で開業されており、まもなく開業から30周年を迎えようとしています。

この時代の日本におけるネットワークビジネス(MLM)事業は、1970~80年代にかけて訪問販売に関する法律や無限連鎖講を防止する法律が整備され、ネットワークビジネス(MLM)の存在が正当に認められていました。

大手外資だけでなく国内の大手企業も盛んにネットワークビジネス(MLM)へ事業拡大するなど業界が熱を帯びている時期であり、ニュースキン(NUSKIN)の日本進出は絶好のタイミングであったのかもしれませんね。

※ネットワークビジネス(MLM)の歴史、歩みについてはこちらの記事も参考にしてみてください。

日本進出後の沿革は公式サイト上で以下のように記載されていました。

  • 1993年 4月港区芝にニュースキンジャパン インク 日本支社として業務を開始
  • 1995年 3月オフィスを新宿副都心の新宿アイランドタワーに移転
  • 1995年 6月日本訪問販売協会に加盟
  • 1995年 8月ニュースキンジャパン株式会社に社名変更、日本法人となる
  • 1995年 11月大阪支店をオープン
  • 1997年 12月福岡支店をオープン
  • 2000年 2月事業部制を開始
  • 2005年 9月名古屋支店をオープン
  • 2006年 3月ニュースキンジャパン フォース フォー グッド基金を開設
  • 2009年 8月福岡エクスペリエンス センター(前 福岡支店)をオープン
  • 2009年 11月名古屋エクスペリエンス センター(前 名古屋支店)をオープン
  • 2010年 6月東京エクスペリエンス センター(東京本社内)をオープン
  • 2010年 11月大阪エクスペリエンス センター(前 大阪支店)をオープン
  • 2016年 1月One for Smiles開始
  • 2018年 1月横浜エクスペリエンス センターをオープン
  • 2018年 4月ニュースキンジャパン25周年
  • 2019年 5月大阪エクスペリエンス センターを西梅田に移転
  • 2020年 7月東京エクスペリエンス センターを表参道エリアに移転
  • 2020年 9月ニュースキンジャパン本社を虎ノ門に移転

また、公式サイト上ではアメリカ本社の概要も記されていました。

社名ニュースキン エンタープライズ社
Nu Skin Enterprises, Inc.
本社所在地アメリカ合衆国ユタ州プロボ
創業者ブレイク M. ローニー
最高経営責任者ライアン ナピアスキ―
創業1984年6月
売上高25億8,000万ドル(2020年度実績)
URLhttps://www.nuskin.com/corpcom/en_US/newsroom.html
各マーケットのサイトhttps://www.nuskin.com/

企業理念

ニュースキンジャパン公式サイト上には以下の二つの企業理念が掲げられていました。

  • MISSION…私たちのミッションは、世界のForce for Goodになることです。革新的な製品や、努力が形になるオポチュニティ、人間性を高める文化をとおして、人々がより豊かになるための力となります。
  • VISION…私たちのビジョンは、ダイナミックなビジネス オポチュニティ プラットフォームをとおして、世界をリードする統合的なビューティー&ウェルネス カンパニーであることです。

また、ニュースキン(NUSKIN)の原点についてはこのように記されていました。

「なぜ、人の肌にとって良いとされる成分だけでつくられた製品がないのかしら?」。姉が口にした素朴な疑問が、ひとりの青年を動かしました。そして彼は、肌に良い成分だけのリストをつくり、試行錯誤の末、納得のいく製品を完成させたのです。その青年が、ニュースキン創業者の一人となったブレイク M. ローニー。当時のリストは、 「あなたにとって良いものだけを」をモットーとするニュースキンの製品づくりの原点となりました。

ニュースキン公式サイトより引用

「あなたにとって良いものだけを」

この思いは、今も創業当初と変わらず持ち続けているようです。

ニュースキン(NUSKIN)の製品

ニュースキン(NUSKIN)の製品について紹介したいと思います。

ニュースキン(NUSKIN)では主に美容機器製品の「ageLOC(エイジロック)」、スキンケア&ビューティーケア製品の「NU SKIN(ニュースキン)」サプリメメント等の健康食品の「PHARMANEX(ファーマネックス)」の3つにジャンルに分かれて製品を販売しています。

一見しただけではとても把握しきれないほど各ジャンルで製品が豊富にラインナップされております。

ここでは公式サイト上のトップページに掲載されていた各ジャンルの製品を一部紹介したいと思います。

製品について詳しく知りたい方は公式サイトよりご確認ください。

美容機器「ageLOC」~genLOCルミスパ

ニュースキン ルミスパ
ニュースキン公式サイトより引用

毎日の洗顔タイムを肌を育む時間に変えることをコンセプトとして生まれた新発想の美顔器がgenLOCルミスパ(ジェンロック ルミスパ)です。

ニュースキン(NUSKIN)が持つ最新技術である「マイクロパルスオシレーションテクノロジー(美肌ストレッチ)」「美肌プロテイン(ハリのある美しい肌)」を目覚めさせ、真珠のような光沢とハリにあふれた肌へと近づけます。

genLOCルミスパのヘッド部分がニュースキン(NUSKIN)独自の回転、振動などの刺激を与えることで美肌ストレッチを可能にしています。

愛用者の多くが「使ってよかった!」など製品の効果を実感している看板製品のようで、女性だけではなく男性の愛用者も多くいるんだとか!

いや~男は山と川から澄んだ空気を吸っていれば十分よ!…え、もうそんな時代じゃない…?

初回購入時は各付属品等がセットとなって33,033円の販売価格となっています。

スキンケア&ビューティー製品「NU SKIN」~ニュートリセンシャルズ

ニュースキン ニュートリセンシャルズ
ニュースキン公式サイトより引用

ニュートリセンシャルズは「大気汚染、ブルーライト・赤外線・紫外線、乾燥による環境ストレスに負けない肌へ」をコンセプトとしたスキンケア製品群の総称を指します。

厳しい環境へ柔軟に適応し、強い生命力を持つ植物から抽出したエキスを配合したスキンケア製品となっています。

製品は洗顔料や化粧水、美容液、マスク、乳液、クリーム、ジェルなど豊富にラインナップされており、様々なニーズに応えてくれています。

販売価格は2,890円~7,928円の価格帯となっています。

健康食品「PHARMANEX」~LifePak

ニュースキン ライフパック
ニュースキン公式サイトより引用

LifePak(ライフパック)は健康維持、増進に必要なビタミンやミネラルなどをバランスよく配合し、毎日の健康管理のベースとなるニュースキン(NUSKIN)独自の栄養補助食品です。

普段の食事だけでは摂取しきれない栄養素を補うことができ、忙しい現代人の食生活をサポートしてくれます。

1995年の販売以降、多くの人に愛され続けるニュースキン(NUSKIN)のロングセラー製品となっています。

販売価格はひと月分で14,424円です。

また、LifePakの成分にオメガ3系脂肪酸を配合させた「LifePak Nano Plus(ライフパックナノプラス)」も販売されており、そちらは27,042円となっています。

ニュースキン(NUSKIN)のネットワークビジネス(MLM)

ニュースキン(NUSKIN)でネットワークビジネス(MLM)を始めるには?

ニュースキン(NUSKIN)のネットワークビジネス(MLM)について紹介します。

ニュースキン(NUSKIN)でネットワークビジネス(MLM)の活動を行うためには、「ブランドメンバー」というビジネス会員へ登録をする必要があります。

ネットワークビジネス(MLM)企業のほとんどはビジネス会員としての登録が必要であり、この点に関してはニュースキン(NUSKIN)もほかの会社と同じですね。

ニュースキン(NUSKIN)の場合ですとブランドメンバーへの登録費として4,500円が必要となります。

各社の登録費用は平均して2,000円~5,000円程度ですので、ニュースキン(NUSKIN)も平均的な登録費であることがわかりますね。(なかには1万円~数万円が必要となる会社もあるそうな…)

なおブランドメンバーへの登録は、紹介者から概要書面を受け取ったのち、書類若しくはオンラインで申請し会社に承認されることで登録となります。

オンラインでの申請が可能なのはとても便利ですね!

ニュースキン(NUSKIN)には定期購入、ノルマがない??

ネットワークビジネス(MLM)では、製品を定期的に購入することで報酬を得られるボーナスプランとしている会社が大半です。

それに対しニュースキン(NUSKIN)は、ほとんどのネットワークビジネス(MLM)企業にあるような定期購入が定められていません。

公式サイト上でも、「ノルマは一切なく、製品の在庫を抱える必要もありません」と記されているのが確認できます。

決められた定期購入がないのはかなりお得に感じられます!

その反面、どうやって報酬に繋げるのか?不思議にも感じます。

ですが、実際には多くのビジネス会員が必要以上の製品を購入し在庫を抱えることとなっているようです。

このことについては後述する内容で触れていきたいと思います。

タイトル

ニュースキン タイトル
ニュースキン公式サイトより引用

ニュースキン(NUSKIN)でのタイトルは上図のように設定されています。

ネットワークビジネス(MLM)の活動はせず商品を愛用するだけでいいという人は「ショッピングメンバー」への登録となり、登録費は無料です。

ネットワークビジネス(MLM)として活動もするという人は上から二番目の「ブランドメンバー」への登録が必要であり、前述の通り4,500円の登録費が必要となります。

ニュースキン(NUSKIN)の報酬プラン

ニュースキン(NUSKIN)の報酬プランについてご紹介します。

ニュースキン(NUSKIN)では、ブレイクアウェイという報酬プランを取り入れています。

会社の代理店として登録(ビジネス会員登録)し、会員価格で製品を仕入れ定価で売ることによる差額でまず報酬を得ることができます。

それだけでなく、自分のダウンの売上からも報酬が発生します。

また、ブレイクアウェイの報酬プランではダウンが組織から離脱、独立するという大きな特徴があります。

自分と同じ上位タイトルを獲得したダウンがいる場合、そのダウンから派生するグループごと自分の組織から独立することになります。

独立者を出した会員には、育成ボーナスとして大きな報酬が発生します。

タイトルを獲得したダウンが自分の組織から独立するので、一時的に報酬が減ってしまうデメリットがありますが、多くの独立者を育てることでそれ以上の報酬を獲得することが可能です。

ブレイクアウェイについてさらに細かく考察した記事も作成していますので、そちらも参考にしていただけたらと思います。

ニュースキン(NUSKIN)のボーナス

ニュースキン 報酬プラン ベロシティ
ニュースキン公式サイトより引用

ニュースキン(NUSKIN)ではSHARE、BUILD、LEADの3つを軸としたボーナスプランとなっています。

それらを総称して”ベロシティ”という報酬制度でビジネス展開をしていくことになります。

ニュースキン(NUSKIN)では製品それぞれにポイントが付与されており、それらを独自の計算方法を用いて報酬へと還元されます。

各ポイント等は以下の通りです。

  • PSV…製品へ付与されているポイントであり、自分で購入したポイント
  • GSV…自己購入分を含むグループでの総購入ポイント
  • CSV…ボーナス計算に用いられるポイント、PSV(GSV)より変換される

公式サイトによるとPSV=CSVへの変換は平均して100PSV=12,000CSVと記載されております。また、12,000CSV=12,000円であり、報酬への計算に用いられます。

また、獲得したGSVは500ポイントを1ブロックとして数えられます。

※GSV500ポイント=60,000CSV、または60,000円

ブロックは報酬やランクアップに関わってきますので、ニュースキン(NUSKIN)でのネットワークビジネス(MLM)活動にとって重要な要素となります。

ブロックは以下の二つのグループに分けて数えられます。

  • シェアリングブロック…自分の直接紹介で形成された第1系列のダウンラインからの総ポイント
  • ビルディング ブロック …系列に関わらずグループ全体の総ポイント(自身のPSVおよびシェアリングブロックを含む)

SHARE~小売利益・シェアリングボーナス

その名の通り、自分が気に入った製品、若しくはニュースキン(NUSKIN)という会社やネットワークビジネス(MLM)の可能性を周りの人へ共有し、その結果として製品の流通が発生した際に獲得できる報酬です。

ニュースキン(NUSKIN)ではこのボーナスを初期段階での報酬と位置付けているように、初心者の人でも比較的獲得しやすいボーナスプランであるかと思います。

報酬は、小売利益シェアリングボーナスによって獲得できます。

小売利益は製品を卸売価格で購入し、定価で再販した際の差額がそのまま自分の報酬となります。

一般的な卸売業と同じ仕組みですね。

シェアリングボーナスは、自分の紹介したブランドメンバー及びショッピングメンバーからの製品流通実績に応じて報酬が獲得できます。

シェアリングボーナスは全ブランドメンバーが報酬獲得の対象範囲ですが、購入者がブランドレプリゼンタティブのタイトルを獲得している場合、自分の紹介したダウンであっても購入者本人へ報酬が発生することになっています。

BUILD~ビルディングボーナス

該当月に獲得したブロック数に応じて報酬が発生します。

獲得したブロック数における報酬の還元率は以下の通りとなっています。

ニュースキン 報酬プラン ベロシティ
ニュースキン公式サイトより引用

このボーナスを獲得するためにはブランドレプリゼンタティブのタイトルを達成し、上位者の元から独立(ブレイクアウェイ)することが条件となっています。

ブランドレプリゼンタティブのタイトル達成はビジネスリーダーへの第一歩であり、自分を頂点とする独立した組織の運営を任されるようになります。

ブランドレプリゼンタティブのタイトルを達成するためには規定の資格審査をクリアしなければならなく、その内容は以下の通りです。

ニュースキン 報酬プラン ベロシティ
ニュースキン公式サイトより引用

ブランドレプリゼンタティブ達成の条件を金額に変換してまとめると

  • 第1系列で4シェアリングブロック2,000GSV=240,000円
  • かつ、4シェアリングブロックを含むグループ全体で12ビルディングブロック6,000GSV=720,000円
  • かつ、毎月最低でも2ビルディングブロック1,000GSV=120,000円

これらの条件を6か月以内にクリアして初めてブランドレプリゼンタティブ達成となります。

また、ブランドレプリゼンタティブのタイトル達成後はその資格を維持するために毎月4ビルディングブロック(2,000GSV=240,000円)をクリアし続ける必要があり、維持できなかった場合は資格を失ってしまうことになってしまいます。

…ちょっと、というかかなり厳しめな条件に思えるのは私だけでしょうか…

LEAD~リーディングボーナス

自分がビルディングボーナスを得られるようになったら、今度は自分の組織からビルディングボーナスを得られるメンバー、すなわち独立者を育成していくことになります。

ビルディングボーナスを受け取れることになったメンバーは自分の組織から独立(ブレイクアウェイ)していき、その実績に対してリーディングボーナスにより報酬が得られます。

報酬の対象となるのはブランドパートナー以上のタイトルかつ6ブロック(3,000GSV)を達成した会員となります。

ボーナスの計算は組織の深さの最大化(第6系列までのブランドレプリゼンタティブのGCSV合計の5%)、若しくはボリュームの最大化(第1系列のブランドレプリゼンタティブのGCSV合計の10%)のうち、いずれかの金額の高い方が自分の報酬となります。

GCSVとは自分から独立したグループのGSVポイントをCSVポイント、若しくは金額へ変換した値を指します。

ボーナス獲得条件の詳細は以下の通りです。

ニュースキン 報酬プラン ベロシティ
ニュースキン公式サイトより引用

ビルディングボーナスとリーディングボーナスを合わせることでより大きな報酬が期待できます…が、その獲得条件はより一層険しそうですね。

タイトル降格のリスク

ブランドレプリゼンタティブの資格維持においても触れましたが、ニュースキン(NUSKIN)ではタイトルの降格があります。

ブランドレプリゼンタティブの場合ですと、4ビルディングブロック2,000GSV、金額にして約240,000円の売上を毎月維持することが条件となっています。

一定の条件下においては不足分のブロック数を補える措置(フレックスブロック)もあるようですが、それでも資格を維持するのは安定して大きな売上を出せる人でもない限り容易なことではありません。

フレックスブロックの条件も満たせなかった場合はブランドメンバーへの降格となってしまいます。

ブランドメンバー降格から6か月以内の期間で再度ブランドレプリゼンタティブ資格審査プロセスの条件を達成した場合、降格前のブランドレプリゼンタティブ組織を取り戻すことができます。(これをブランドレプリゼンタティブリスタートプログラムといいます)

もしもブランドレプリゼンタティブリスタートプログラムもクリアできなかった場合、降格前の組織は取り戻せることなく元の上位者のグループへと吸収され、自分はまたイチからやり直しとなってしまいます。

なんだかとっても残酷といいますか…

このようなタイトルの維持条件が設けられていることから、「ニュースキン(NUSKIN)はネットワークビジネス(MLM)業界においても最も厳しい報酬プランの一つ」という見解を示す人も多くいるようです。

タイトル維持のために買い込みしていることも…

このような厳しいタイトルの維持条件を設けているためか、ニュースキン(NUSKIN)では必要以上の買い込みをしているという話をよく耳にします。

やっとの思いで手にしたタイトルを失いたくない気持ちはだれもが共感できるかと思います。

それもただ失うだけでなく組織ごと全て失ってしまう…

なんだか買い込みしてしまうのも必然にすら思えてくるようです。

公式サイトでは「ノルマなし、在庫を抱える必要もありません」と記載されていますが、実際にネットワークビジネス(MLM)で本格的に稼ごうとするならば厳しい条件は頭に入れておいた方が良さそうです。

ニュースキン(NUSKIN)はプロ向き?初心者は今からでも成功できる?

ニュースキン(NUSKIN)で成功を目指す場合、安定して大きな売上を維持できる強固な組織作りがポイントといえそうです。

そのためには多くの時間や労力を投入する必要性があるかと思います。

時間と労力を注いでタイトルを獲得したならばそれに見合っただけの報酬を得られることになりますが、副業としてやってみよう…というほどの時間の使い方では厳しいのかもしれません。

ネットワークビジネス(MLM)では会社選びは重要なポイントとなってきますので、自分の置かれている状況と照らし合わせて慎重に判断するのがいいかもしれませんね。

ポイント
  • ニュースキン(NUSKIN)ではSHARE、BUILD、LEADのボーナスプラン”ベロシティ”で報酬が得られる
  • 自分も独立(ブレイクアウェイ)し、ダウンも独立(ブレイクアウェイ)させることで大きな報酬が見込める
  • ブレイクアウェイするためにはブランドレプリゼンタティブのタイトル達成が条件
  • タイトル達成、維持の条件が厳しく、クリアできなければ降格してしまう
  • タイトルを維持できず降格となるとイチから組織作りが必要
  • タイトル維持のために買い込みが発生する場合も考えられる
ネットワークビジネス ネット集客

口コミ集客時代は終焉?

ネットワークビジネス(MLM)業界においては長らく、人から人へ伝え歩く口コミ集客による組織拡大、構築が主流として行われてきました。

しかし、昨今はネットワークビジネス(MLM)の悪評は広まり、世間から冷たい視線を向けられることも多々

さらに、本業や家事育児に追われる現代人にとって、使える時間もお金も限れれている…

アポを取ったり。ABCのたびに交通費をかけて出かけたり(結果が伴わなければ気持ちもボロボロ…)

セミナーのたびにお金が取られたり…

従来の方法では、普通の人にとって、組織を拡大することはおろか、活動を続けていくことすら困難な時代になっているのかもしれません

世の中は流動的、だからこそ、求められるのは変化ではないでしょうか?

その時々、時代に適した方法へシフトチェンジする姿勢が必要なのかもしれませんね。

インターネット集客が唯一の成功手段

今や一人一台、スマホを所持している時代です。

わからないこと、興味のあることは、インターネットですぐ検索することができます。

インターネット集客が可能であれば、ネットワークビジネス(MLM)に興味のある人、気になっている人、収入を求めている人、可能性を感じている人のみが訪れ、集客をしていくことも!

インターネット集客が可能であれば、 在宅でいながら、24時間365日、人脈は無限に拡がり、組織拡大、構築していくことも!

私のような田舎暮らしの人にとっても、インターネット集客であれば無理なくネットワークビジネス(MLM)に取り組んでいけるでしょう。

ネットワークビジネス(MLM)が日本に訪れたのは約50年前の昭和です。

現代は令和の時代、昔とは何もかもが違います。

インターネットを活用した集客方法を身に付けることが現代の唯一の成功法です!

詳細については『インターネット集客・成功法無料講座』まで。

ネットワークビジネス ネット集客